1つ前の画のトリミング
1つ前の画のトリミング
1つ前の画のトリミング

04’5月12日の岐阜基地レポート

共通データ1DmkU EF500F4+1.4x  ISO:200  TV優先 1/1000

新規導入した1DmkUで岐阜基地へ行ってきました。
一日を通して結構たくさん飛んだんですが、撮影チャンスが少なく(T/G)
その上、昼前から薄曇りの空になり1DmkUのデビューにはちょっと
恵まれませんでした。 
でも私の念願のダウン・ウインド・デパーチャーをとうとうゲットできました。


これは1stのF-4(T/G)


2nd、3rdと名古屋RW16だったんですが、ダウン・ウインド・デパーチャー(以下DWD)
上がりの背中が撮れたのはF-15これだけ・・・。 
で、2nd・3rd共T/Gほとんどありませんでした。



初めてDWDをゲットして気づいた事があります。(うすうす分かってましたが)
DWDとT/Gの画像は非常によく似ています。(下の画像参照)
というより、どこがどうちがうんだ!と思いませんか? ところが違うんです。
キャノピー辺りから漂う雰囲気が・・・。 私には分かる。
DWDは「さあ、これから訓練空域へ向かうぞ!」と気合が入っています。

で、T/Gの方は「よし、降りたら昼メシだ」でしょうか。
  
1DmkU初戦には少し酷な光線状態でしたが、かなりトリミングしてもそこそこの
画質が保てるのは800万画素のおかげだと思います。
今後ますますトリミング画像が増えそうな気がします。